相続でお悩みなら

”円満な相続”は身近な法律家 行政書士
くらしとお金のプロ ファイナンシャルプランナーがベスト

誰が遺産相続できる?

遺産相続できる法定相続人はご親族全員ではありません。
ここでは遺産相続できる法定相続人のご遺族(相続人)が誰なのかをご説明します。

なお、遺言書で相続財産を継がせたい人が指定してある遺贈の場合は、法定相続人以外が相続財産を継ぐことができます。

 

遺産相続できる親族(法定相続人)

ご遺族のうち遺産相続できる法定相続人は「配偶者」と「一定の血族の親族」です。

■配偶者 …常に相続人となります。
■第1順位…子
■第2順位…父母
■第3順位…兄弟姉妹

 それぞれの相続人(ご遺族)が相続する割合は、遺言書がある場合は遺言に基づいて確定します。
 遺言書がない場合は話し合い遺産分割協議によって確定しますが、協議の際に目安となる法定相続は下記の通りです。

ご親族 法定相続
配偶者 子* 父母* 兄弟姉妹* 配偶者 子* 父母* 兄弟姉妹*
(○) (○) 1/2 1/2 なし なし
(○) 2/3 1/3 なし
3/4 1/4
すべて
(○) (○) すべて なし なし
(○) すべて なし
すべて

 

■必ずお読み下さい

 当サイトでは説明のわかりやすさを最優先にしています。
 相続人の説明を「直系卑属」を「子」、「直系尊属」を「父母」、「兄弟姉妹及び甥姪」を「兄弟姉妹」と記載し、「被相続人」を「故人」と記載する場合がありますのでご了承下さい。

 

配偶者が遺産相続する場合

配偶者が相続人○配偶者が遺産相続するには、入籍していなければなりません。
 いわゆる内縁や事実婚の場合は相続できません
○内縁の配偶者に遺産を残したい場合は、遺言書を残すことで解決します。
○離婚している場合、元配偶者は相続しません。

 

子が遺産相続する場合

○子が2人以上いる場合は均等に等分し、養子がいる場合にも実子と均等に等分します。また、胎児がいる場合はすでに生まれているとみなします。
○子がすでに亡くなっている場合は、孫やひ孫など直系卑属が代替わりして相続します。子が相続人
○再婚している場合、連れ子は養子縁組している場合には相続します。
○親が離婚している場合、親が再婚していてもいなくても、父親・母親両方の相続をします。
○認知した子がいる場合は、認知した子の相続割合は婚内子の1/2です。
○養子は養親も実親も両方とも相続をします。(特別養子縁組は除く)

■相続人が未成年の場合

 親権者が未成年後見人として遺産分割協議に参加することになりますが、親も相続人の場合には、利益相反関係になるため、家庭裁判所で特別代理人を選任してもらい、特別代理人が遺産分割協議に参加します。

 

父母が遺産相続する場合

父母など直系尊属が相続人になる○父母ともに相続する場合は均等に等分します。
○父母ともにすでに亡くなっている場合は祖父母など直系尊属が代替わりして相続します。
○故人の父母が離婚している場合でも、父親・母親両方が相続します。
○父母が離婚して再婚している場合、故人と再婚相手が養子縁組していれば親の再婚相手も相続します。

 

兄弟姉妹が遺産相続する場合

○兄弟姉妹が2人以上いる場合は均等に等分します。
○兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合はおい・めいが代替わりして相続します。
 ただし、さらにおい・めいが亡くなっていても、甥・姪の子は相続できません。
○腹違いの兄弟姉妹の場合は、腹違いの兄弟姉妹が相続する割合は、父母が同じ兄弟姉妹の1/2です。

 

▲ページトップへ

Clip to Evernote

Copyright(c) 2005-2013 相続手続き・生前対策の藤井行政書士事務所 All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com