相続でお悩みなら

”円満な相続”は身近な法律家 行政書士
くらしとお金のプロ ファイナンシャルプランナーがベスト

生命保険が遺言書代わりに?

■生命保険は現金や預貯金よりも相続対策に役立つ面があります。

生命保険が遺言書なぜ、生命保険を相続対策に活用できるのでしょうか?

○生命保険が遺言書と同じとは
○現預金よりも有利なわけ
○相続放棄したときに生命保険は受け取れる?

 

生命保険は受取人を指定できる=遺言書と同じ

■生命保険は受取人を指定できて、しかもその保険金は受取人固有の財産となります。

 遺産分割協議の際には配慮が必要な場合もありますが、少なくともその金額は受取人に確保させることができます。

 受取人の指定は契約する人が指定することになりますので、遺言書で遺産相続人を指定するのと同じ効果を持つことになるのです。

 また、法定相続人に思った通りに財産を残せるだけではなく、法定相続人以外の親族に財産を残すことができます。親族以外の第三者にはできませんが、たとえば相続人ではない、息子のお嫁さんとかを生命保険受取人に指定することで財産を残すことができます。

 

生命保険が預貯金より有利なわけ

■すぐに現金を使える

 預貯金の場合、銀行が亡くなった人の名義の口座は現金の引き出しをストップしてしまうので、遺産分割協議が終わるまでは預貯金があっても一切使えなくなります。

 その点、生命保険は遺産分割協議前でも受取人が保険会社に請求すれば、すぐに受け取ることができます。

 

■掛金よりも多く受け取れる

 預金だとそのままの金額が残ることになるだけですが、生命保険の場合には保険の種類や加入年齢により払い込んだ掛金より受け取ることができる保険金の方が多いものがあります。

終身保険のイメージ

 

たとえば終身保険の一般的なイメージ図

・終身保険だといつか必ず受け取れます。

・赤線が掛金の推移、青線が解約金の推移

 

もし1000万円を息子のお嫁さんに残そうと思って生命保険に入って800万円の掛金で済んだとしたら、残りのお金は何に使いますか?

 

■法定相続人には非課税枠がある

 生命保険の死亡保険金には、相続税法上はみなし相続財産とされて相続税の課税対象になりますが、現金と違って、非課税枠があります。

     生命保険の非課税枠 : 500万円 × 法定相続人数

 

相続放棄をしても生命保険は受け取れる?

■生命保険で受け取った死亡保険金は受取人の固有の財産となり、相続財産ではないので相続放棄するばあいでも受け取ることができます。

 

▲ページトップへ

Clip to Evernote

Copyright(c) 2005-2013 相続手続き・生前対策の藤井行政書士事務所 All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com