相続でお悩みなら

”円満な相続”は身近な法律家 行政書士
くらしとお金のプロ ファイナンシャルプランナーがベスト

相続は誰に相談したらいい?

■誰もが直面することになる相続ですが、ほとんどのお客様の相続・遺産分割は円満に話し合いですみます。
 しかも、相続税を支払うのは全体の4.2%だけでしたが、平成27年1月1日以降の相続税は大増税となる改正が行われました。

 とは言っても、相続の手続きははじめての経験でどこから手をつけていいのかわからない、手続きが大変というお客様が多いのです。

 そんな、「裁判でもないのに弁護士さんにお願いしたり、相続税も必要もないので税理士さんに相談することもない。でも、だれか専門家に手続きしてもらいたい。」というお客様!

身近な街の法律アドバイザー行政書士
くらしとお金のプロ ファイナンシャルプランナーにお任せ下さい。
庶民の味方が、財布にもやさしくお客様のお手伝いをします!
 

お客様にどうしてもお伝えしたいこと

■かつて、ゼネコンの都市再開発事業で地権者の権利調整業務を担当していた頃、相続手続きを後回しにしていたばっかりに、大変なご苦労をされている方をたくさん見ることになりました。しかもほとんどがご高齢。
 会ったことのない親族が権利を主張してきて、下手をすると住み慣れた街を離れなければならない・・・。

 相続はすぐにやらなければ大変なことになる、と痛感しました。

 生命保険会社のFP業務では生前対策の大切さと効果の大きさをさらに実感。

 「相続は早続するべき」 これはどうしてもお客様にお伝えしたいのです。

 

行政書士・ファイナンシャルプランナー

■当事務所でお客様にお会いするのは営業経験者

 実は、営業の仕事は”押しの一手で売り込む”のが大切なのではなく、”お客様が何を必要としているのかに耳を傾け、感じ取る”のが大切なのです。そして、お客様に必要なものを提供して満足してもらい、末永くお付き合いしてほしい。そのためにお客様にリラックスして話してもらうことに最も気をつかいます。

 だからこそ、事務的に法律面だけではなく、これまでの経験やFPの観点から生活設計、ファイナンシャルプランニング、さらに実は使える生命保険の相続対策活用法などもお客様が必要としていると感じていれば、ニーズに合わせてアドバイスできるのです。

 

 お客様は、どの専門家が良さそうか納得するまで考えてお決め下さい。

  

当事務所でできること

■当事務所では相続に関して次のサービスを提供致します。

行政書士ができること

 相続人の調査(戸籍謄本・除籍謄本の取得~相続関係図作成)

 相続財産の調査~目録作成

 遺産分割協議書作成

 相続財産の名義変更代行

 遺言書作成のお手伝い

 

■相続人間で争いがある場合には弁護士にご相談下さい。

 不動産の相続登記(相続人への名義変更)は提携司法書士が行います。

 相続税の申告納付が必要な場合は提携税理士が行います。

▲ページトップへ

Clip to Evernote

Copyright(c) 2005-2013 相続手続き・生前対策の藤井行政書士事務所 All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com