相続でお悩みなら

”円満な相続”は身近な法律家 行政書士
くらしとお金のプロ ファイナンシャルプランナーがベスト

早続で争続ストップ!

争続ストップ

■誰しも自分の親族が遺産相続争いをしている姿は想像したくないはずです。

 しかし、残念ながら遺産相続争いが増えているのも現状です。

 相続を親族が争いあう「争族」にしないために早く相続対策を行い、将来的に苦労しないために迅速に相続手続きを行う「早続」にすることが大切です。

 相続対策で重要なポイントは①分割対策 ②節税対策 ③納税資金と言われています。節税対策や納税資金対策は相続税を支払うことになる4.2%の一部の方が必要な対策ですが、財産をどう分割するかは、誰にでも必要な対策です。

 まだまだ元気だからこそ、早ければ早いほどできることは多いのです。

 

なぜ早く生前に対策するのか

■相続は法定相続割合を目安に、相続人同士の話し合い遺産分割協議で決められます。

 とは言っても、残念ながら必ずしも話し合いがうまくいくとも限りません。

 そのときに元々の財産の持ち主のメッセージがあればどうでしょうか?

 遺言書を残しておくなどの生前対策は親族で争いをしないための重要な意思表示になるのです。

 

なぜ相続手続きを早めにやらなければならないのか

■確かに相続手続きは手間がかかります。

 しかし、だからといって不動産の登記をそのままにしていたり、面倒だから共有名義にしていたりしていて、後々ほとんど会ったことのない親族と話し合いをしなければならなくなり、財産権を主張されたり代償を要求されたり大変なご苦労をされている方もたくさんいるのです。

 親族だから大丈夫と多くの人は考えるのですが、たとえば教育費や住宅ローンに苦労してる人がいれば、財産を要求したくなってしまうお気持ちも理解できるのではないでしょうか?

 そうした苦労を自分がしないためにも、子や孫に苦労させないためにも相続の手続きはできるだけ早く行うのが大切なのです。

 

▲ページトップへ

Clip to Evernote

Copyright(c) 2005-2013 相続手続き・生前対策の藤井行政書士事務所 All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com