事業継承のチェックリスト

事業承継協議会 作成の事業承継ガイドライン掲載のチェックリストです。
 一度実情と照らし合わせてはいかがでしょうか?

 

<<チェックリスト3>>従業員等への承継・外部から後継者を雇い入れる 場合の対策

1.関係者の理解に向けた環境整備
□@後継者候補を事前に一定期間役員等として活動させることを検討しましたか。
□A事業承継計画を社内や取引先、金融機関等に公表しましたか。
□B現経営者である自分の親族の意向の確認を常にしていますか。
□C役員・従業員の理解を得つつ、後継者を助ける将来の役員陣の組成を始めましたか。
□D事業承継後も、会長職から後継者である社長をサポートすることも検討しましたか。

2. 後継者教育
□@社内での現場のローテーションや、責任ある地位に就けて自覚を促しましたか。
□A他社勤務を通じて、幅広い人脈の形成や経営手法の習得をさせましたか。
□Bセミナーへの参加を通じて必要な知識を修得させましたか。

3. 株式・財産の分配
専門家に相談しつつ、以下の事項を検討してみましたか。
□@株式等の経営権を一定程度後継者に集中させることについて検討しましたか。
□A必要に応じて、種類株式を活用することを検討しましたか。
□ ・議決権制限株式を活用した後継者への経営権集中策についての検討
□ ・拒否権付種類株式(黄金株)を利用した後継者への経営権の委譲促進の検討
□BMBOの手法を理解し、必要に応じて自社での活用を検討してみましたか。

4. 個人(債務)保証・担保の処理
□@事業承継に向けて、債務の圧縮を図りましたか。
□A後継者の債務保証を減らすべく、金融機関と交渉しましたか。
□B後継者の負担に見合った報酬を確保する措置を取りましたか。

↑ ページトップへ

チェックリストU← →  チェックリストW