事業継承のチェックリスト

事業承継協議会 作成の事業承継ガイドライン掲載のチェックリストです。
 一度実情と照らし合わせてはいかがでしょうか?

 

<<チェックリスト2>>親族内で承継する場合の対策

1.関係者の理解に向けた環境整備
□@事業承継計画を社内や取引先企業、金融機関等に公表しましたか。
□A後継者を重要なポストに就けて権限の一部を委譲し、関係者と意思疎通する機会を与えましたか。
□B役員・従業員の理解を得つつ、後継者を助ける将来の役員陣の組成を始めましたか。

2. 後継者教育
□@社内での現場のローテーションや、責任ある地位に就けて自覚を促しましたか。
□A他社勤務を通じて、幅広い人脈の形成や経営手法の習得をさせましたか。
□Bセミナーへの参加を通じて必要な知識を修得させましたか。

3. 株式・財産の分配
専門家に相談しつつ、以下の事項を検討してみましたか。
□@株式の保有状況を把握し、必要な対策を検討しましたか。
□ ・株主構成の確認、株式譲渡制限規定の有無の確認
□ ・既に株式が分散している場合は、個人または会社による買取りの検討
□ ・従業員持株会、中小企業投資育成会社を利用した増資等の安定株主対策
□A財産分配の方針を決定しましたか。
□ ・後継者の円滑な経営のための株式等の集中、他の相続人への配慮
□ ・資産の把握・評価、納税方法の検討
□B後継者への生前贈与を検討しましたか。
□ ・遺留分等民法の規定の理解と必要な対策の実施
□ ・暦年課税制度と相続時精算課税制度の比較、最適な手法の選択
□C遺言の活用を検討してみましたか。
□ ・遺言のメリット及び活用上の注意点の理解
□ ・他の相続人の遺留分や遺言執行者の指定等、遺言作成上のポイントの理解
□ ・相続紛争防止に効果的な公正証書遺言の活用を検討
□ ・自筆証書遺言の注意点を把握した上での活用の検討
□ ・遺言信託のメリット・デメリットを把握し、活用を検討
□D会社法の各種制度の活用を検討してみましたか。
□ ・株式譲渡制限規定がない場合には、規定の新設を検討
□ ・相続人に対する売渡請求の規定を置くことの検討
□ ・議決権制限株式を活用した後継者への経営権集中策についての検討
□ ・拒否権付種類株式(黄金株)を利用した後継者への経営権の委譲促進の検討
□E生命保険の活用を検討してみましたか。
□F任意後見制度の活用を検討してみましたか。

↑ ページトップへ

チェックリストT← →  チェックリストV