解約・乗り換えの前に 〜生命保険の便利な使い方教えます

生命保険の見直し ファイナンシャルプランナーCFP行政書士  生命保険には多くの方が知らない便利な使い方があります。
  ただし、制 度の有無や詳細は各保険会社によって異なりますので、予め約款や担当者にご確認下さい。

■一部解約
 たとえば、予定利率の高い時期に加入した養老保険や終身保険に特約がついている場合は、特約部分だけを解約して、有利な部分だけを継続することができます。

生命保険_一部解約 

■減額
 保険料の負担が大きくて、かつ必要保障額がいま加入している生命保険よりも少なくてすむ場合は、保障額を減額することで保険料の負担を小さくすることができます。

生命保険_減額

■払い済み
 保険料の負担が大きい場合で、「払い済み」により以後の保険料支払いなしで保障の一部を残すことができます。いくら保障を残すことができるかはそのときの解約返戻金の額によります。
 ※保障額は当初よりも少なくなりますのでご注意下さい。

■延長定期保険
 保険料の負担が大きく、かつ保障額を減らすわけにはいけないという場合には、終身保険の当初の保障額を一定期間の定期保険に変更することができます。
 何年間の定期保険にできるかどうかはそのときの解約返戻金によります。
 ※最終的には掛け捨てとなりますのでご注意下さい。


■契約者貸付
 一時的に資金が必要となる場合は、 解約返戻金に応じて借り入れが可能な場合があります。
 この際は金利がかかりますので必ずご確認下さい。

■保険料自動振替
 保険料がたまたま一定期間引き落としができずに保険契約が失効してしまう場合でも、解約返戻金から自動的に保険料支払いに充当されます。

このサイトが少しでもみなさまにもお役に立てれば幸いです。


生命保険と税金のハナシ←  →生命保険はマイホームに次ぐ高い買物!?