最近気になる医療保険って? 〜本当は一日あたりいくら必要なの?

生命保険の見直し ファイナンシャルプランナーCFP行政書士■ 医療保険って入院したときが心配で加入しなければ、と思うけど どう考えたらいいのかよくわからないという方も多くいらっしゃるので はないでしょうか?
 
では、入院したときにかかるお金について考えてみましょう。
 

1.健康保険の自己負担
 健康保険の自己負担には実は上限があり、それを超えた分は後で還付されます。

■高額療養費の自己負担限度額

月収56万円未満  80,100円+(267,000円の超過分×1%)
月収56万円以上 150,000円+(500,000円の超過分×1%)

   参照:社会保険庁HP政府管掌健康保険基礎知識>どのような給付があるか
     >被保険者が自己負担額が高くなったとき(高額療養費) 

2.差額ベッド代
 一般的に1〜4人の病室に入院した場合には、健康保険の対象外となり差額ベッド代が必要になります。この金額は病院によってさまざまですが、平均すると約5,000円/日と言われています。
 
3.入院時食事療養費
 入院した際の食事代については、1食当たり260円が自己負担となります。
 
4.雑費
 ご家族のお見舞いの際の交通費、売店での買い物代、着替え、テレビのプリペイドカードなど入院した際には病院への支払の他にさまざまなお金がかかります。
 
5.高度療養費
 健康保険の適用対象にならない高度の治療や投薬を受けた場合は全額自己負担となります。
 


   こうした入院の際に必要なお金を貯金でカバーするか、保険でカバーするかは人それぞれのお考えによります。
 あまり過度の医療保険は必要ないかもしれませんが、最低限の医療保険に加入するのはとても大切なことですよね。

生命保険には担当者が必要?←  →生命保険と税金のハナシ