5分でわかる医療法人設立セミナー

医療法人設立を検討される多忙な院長様および事務長のみなさまが
医業に専念していただけるように、わかりやすく解説します

医療法人設立のメリット

■医療法人のメリットについては節税面ばかりが強調されがちですが、もちろんそれ以外にも多くのメリットがあります。

 分院開設が可能に

 税制面でのメリット(所属の分散、給与所得控除、退職金)

 相続事業承継に最適

 資金繰り負担の軽減

 法的・経済的リスクの分散

無料 医療法人設立シミュレーション シュミレーション

 

分院開設や質の高い介護サービス参入が可能になります

■個人では認められていない分院開設が可能になります。

 さらに、医療法人化により、今後ますますの需要拡大が期待される有料老人ホームや介護老人保健施設など介護・福祉分野へ参入できます。

 また、介護サービス参入により、高齢者に対する医療、リハビリから介護へと継続的なサービス提供が可能となり、患者様からの信頼感向上も期待出来ます。

 たとえば、通所リハビリテーション(デイケア)だけではなく、ケアマネージャーを確保すれば、ケアプランを作成する居宅介護支援事業を併設して介護事業参入の機会も得られるます。

 

税制面でメリットがあります

■個人の所得税・住民税の超過累進課税(最高55%)のみから法人税・法人住民税(実効税率約21%または約32%)との併用で節税メリットが得られます。

 たとえば医療機器購入や分院開設など設備投資を自己資金で行う場合、個人開業の場合は税引き後の手取り45%の積立から支払うことになりますが、医療法人で剰余金を積み立てて設備投資を行う場合には、税引き後の約68~79%の資金で設備投資を行うことができます。

 

医療法人設立の設備投資資金のイメージ

 

■院長の所得は医療法人からの給与になりますので給与所得控除が適用されます。

   1,000~1,500万円の給与所得控除額 : 収入金額×5%+170万円

   1,500万円超の給与所得控除額    : 245万円(上限)

 

給与所得控除の効果イメージ

 

■配偶者や後継者等へ所得を分散することにより、院長個人の高い税率を回避することができるため家計全体としての節税メリットを得られます。

 

所得分散の効果イメージ

 

■勇退時に、退職金を受け取ることができますので、リタイヤ後の生活設計が安定します。所得税では退職金は通常の給与と区分され、税制面で優遇されています。

 

退職金効果イメージ

 

 このように退職金で受け取ると、給与で受け取るより所得税・住民税が大幅に軽減できます。医療法人は利益金の配当が禁止されていますが、医療法人に残った利益剰余金を退職金支払時に取り崩すことは、妥当な範囲であれば、経費として認められます。

 

退職金の目安
 最終報酬月額×役員在任年数×功績倍率(1~3倍)

 

■経費算入できる支出項目が増えます。(たとえば借入金の利子や生命保険料など)

 

赤字の繰り越し控除が9年間可能になります。(個人では3年間)

 

■自由診療への消費税が医療法人設立から原則として2事業年度非課税になります。

 ※平成25年4月以降の事業年度は税制改正がありました。詳細は顧問税理士にご相談下さい

 

相続・事業承継対策に適しています

■院長の中にはご子息も同じく医療の道に進まれ、いずれは病院・診療所を継ぐという方も多いかと思いますが、個人開設の場合は、院長が廃院をしてからご子息が新たに開業・開設の手順を踏まなければなりません。
 特に病院や有床診療所の場合は、一旦ベッドを返上することになりかねませんので、都道府県との事前協議などで大変な時間と労力が必要です。

また、資産継承の面でも、一部づつ資産を譲渡・贈与することは実務的には大変な手間がかかります。
 
 一方、法人の場合は後継者を理事と社員に加えて、病院・診療所の管理者を変更するだけですので、相続対策・事業承継対策に適しています
 
 病院・診療所のスムーズな事業承継には医療法人化がベストです。

 

資金繰り負担が軽減されます

■社会保険診療報酬支払基金の受取時に源泉徴収されないために資金繰り負担が軽減されます。
 また、社会的信用のアップ、家計と法人会計の明確化により金融機関からの融資をうけやすくなることが考えられます。

 

法的・経済的リスクの分離を図ることができます

■院長個人と病院・診療所の経営を分離することにより、たとえば借入の際に院長個人ではなくて医療法人として対応することになります。

 

Copyright(c) 2005-2016 医療法人設立の藤井行政書士事務所 All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com