治療院で保険適用できるとき 

整骨院・接骨院・マッサージ・鍼灸院の保険適用  治療院開業の際に保険適用の扱いは重要なポイントとなります。

 特に病院や診療所で勤務されていた方にはなじみがない場合が多いようですので、念のため、どの施術に保険適用できるか見てみましょ う。

 

柔道整復師による整骨院・接骨院

骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含 む。)の施術をした場合

>>急性のもので負 傷日時のはっきりしている外傷のみ保険適用できます。

>>骨折 及び脱臼については、応急処置を除き、あらかじめ医師の同意が必要です。

>>単なる肩こり、腰痛など慢性症状に対する施術は保険対象外になります。

>>病院、診療所などの保険医療機関で同じ負傷等の治療中は、施術しても保険適用になりませ ん。

 

あん摩マッサージ指圧師によるマッサージ治療院

筋麻痺や関節拘縮等であって、医療上マッサージを 必要とする施術を した場合

>>保険適用するには、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。

>>単に疲労回復やリラクゼーションを目的としたものや、疾病予防のためのマッサージなどは 保険対象外に なります。

 

鍼灸師(針灸師・はり師・きゅう師)による鍼灸院

神経痛、リウマチ、頸腕 症候群、五十肩、腰痛症 及び頸椎捻挫後遺症等の慢性的な疼痛を主症とする疾患を治療した場合

>>保険適用するには、あらかじめ医師の発行した同意書又は診断書が必要です。

>>病院、診療所などの保険医療機関で同じ疾患の治療中は、施術しても健康保険の適用になり ません。なお、労災保険では病院・診療所との併用治療ができます。

 

治療院での保険適用のしくみ 受領委任とは 

 保険適用の施術を行った場合でも本来は、患者さまが治療院で全額自己負担分を支払ってから患者さま自身が健康保険組合などに保険負担 分を請求するのが原則です。

 患者さまの手続きの負担を軽減するために、治療院では自己負担分(1割から3割)を支払い残りの健康保険組合等に対する保険請求と療 養費の受領を治療院で行うことを「受領委任」と言います。

 したがって、患者さまから委任を受ける手続きが必 要です。

 

柔道整復師による整骨院・接骨院

 すべての健康保険組合等に対して受領委任による保険請求手続きができます。

 

あん摩マッサージ指圧師によるマッサージ治療院
鍼灸師(針灸師・はり師・きゅう師)による鍼灸院

 健康保険組合等によって対応が異なります。
 つまり、受領委任による保険請求手続きができる場合と受領委任できずに患者さま自身で保険請求手続きを行ってもらわなくてはならない場合があります。

 

↑ ページトップへ

治 療院の開設手続き← →治療院の増患対策

整骨院・接骨院・マッサージ・鍼灸院開設に関するお問い合せ

治療院開業・開設

関係法令(抜粋)